アイフォン13プロのカメラ性能:秋の干柿作りから冬の田舎の風景

冬の朝の風景(雪景色)

愛用のアイフォン13proで私が住んでる田舎の風景を撮影した作例集。

  • ①:秋の干柿作りの風景写真
    ②:冬の風景とアサヒの写真
    ③:蜘蛛の写真などなど

日常の何気ない一コマ。

スポンサーリンク

 

アイフォン13プロの写真画質:1200万画素は魅力的

「アイフォン13プロ」
の画素数は1200万画素ととても魅力的。
写真画質における主な能力は以下。

超広角 13mm(50㎜換算) / F1.8
広角 26㎜(50㎜換算)/F1.5
望遠 77㎜(50㎜換算)/F2.8
インカメラ F2.2

それぞれの焦点距離の専用のレンズがついています。
レンズが三つ並んでいるデザインは、始めて見たときはとても異様な感じ。
*今では見慣れましたが。

普段見ている見慣れた式の風景:秋の干柿作りから田舎の冬の風景まで

①:秋の干柿作りの風景写真
②:冬の田んぼや木の雪景色の写真

など。

秋の干柿作り:柿をつるした風景

柿の木から柿を収穫する作業
*柿の木です
干柿作りの風景写真

枝を切って落とします。
一個づつ収穫
干柿作りの風景写真

一個づつ皮をむいて紐に括り付けます
干柿作りの風景写真

それをつるします。
干柿作りの風景写真

干柿作りの風景写真

出来栄えは気温が左右します。
寒暖差と、さらには最低気温が低くないといけません。
最近は暖冬の影響で、気温が高いために出来栄えはいまいち。
綺麗な白い粉が吹く
「干柿」
はなかなかできなくなりました。

秋から冬の田舎の風景

南天の実がきれいです。
南天の実の写真

雪が少し振った冬の日
これこそ私が住んでる田舎の風景
初冬の写真

鯉を飼ってる池もこのように凍ってしまいます。
冬の池が凍った写真

これこそ冬景色
とてもきれいな一枚
木に雪がついてる写真

家の周辺から撮影した冬の景色
冬の朝の風景(雪景色)

朝焼けの風景です。
冬はきれいな色になります。
冬の朝焼けの風景

田舎の風景は後に畑の風景などを中心に別な記事で紹介します。

スポンサーリンク

アイフォン13proの写真画質を田舎の風景で再現

アイフォン13proの写真
*勤務先の屋上からの撮影

「アイフォン13pro」
は購入して二年使用しました。
二年でいつも買い替えが私のスマホのスタイルです。
以前は
「アイフォン11pro」
です。

現在(2024年)は「アイフォン15pro」を使用しています。
そちらの写真は別カテゴリーで紹介します。

「アイフォン13pro」
の写真画質は、私自身は衝撃的でした。
この三眼のレンズはそれぞれの焦点距離で独立しています。

さらにナイトモードは画期的。
多少の暗さなら、何の問題もありません。
さらには
「超広角」
はお見事としか言えませんでした。

一般的に、スマホで写真を撮影される方は、何も考えずにカメラを向けるイメージ。
撮影したい構図が得られて、シャッターを切ればきれいな写真に仕上がってくれる。
コンデジの代わりができて、しかもネットの閲覧もできて、お財布の代わりも。
今やスマホは万能の機械と言えるかと。

その中でも「カメラ機能」は、最も重要な要素としてとらえる方は、とても多いように感じます。
何も考えずに素晴らしい写真・・私の中ではアイフォン一択です!

・・・・・・・・・
関連記事
[blogcard url=”https://iphon.jp/ron/”]
・・・・・・・・・・・
私の(我が家の)愛犬(紀州犬)の写真です。

スポンサーリンク

関連記事